令和元年9月4日(水・先勝)、神道青年四国地区協議会第21回神道行法練成会が、当会・四国地区協議会OBでもある岡田博親先輩の奉仕する須崎市多ノ郷鎮座の加茂神社、新荘川を会場に開催された。

田窪大朗会長はじめ、四国各県から総勢23名の会員が集い、高知県からも甲藤会長以下多くの会員が参加した。

高知県開催という事もあり、講師に西川明秀氏(道彦)、吉野慶会員(助彦)をお務めいただき、新荘川での禊、また社殿での鎮魂にて身を清めた。

鎮魂

所作の確認・修正の意味もあるが、今年は天皇陛下即位の礼、大嘗祭が斎行されるにあたり、我々神職はより一層の清浄を意識させる為にも有意義な研修会であった。